読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小野寺ひかりのブログ

合言葉はspark joy!=ときめく時間を楽しんでいきたいです。

20150508 古書往来座に行ってきました

こんにちは。

ずいぶんと久しぶりの更新です。

近況のひとつですが最近の休日は名画座か古本屋かで過ごしていることが多くなりました。今日の午後は池袋、雑司ヶ谷方面にある古書往来座へ。

www.kosho.ne.jp

古書往来座といえば、今の私にとって「名画座」の入り口でもあります。

というのも界隈でおなじみのフリーペーパー「名画座かんぺ」や2016年版「名画座手帳」の発行人こそが、往来座のレジ横で微笑み絶やさぬ、のむみち女史であるから。しかも今日、女史ともはじめてお話もでき、嬉し恥ずかし上機嫌。

 

ご存知でしょうか?

名画座かんぺ」とは都内主要5館の名画座、上映作品・時間を一目瞭然で把握できてしまう、月の初めには必ず手に入れたいフリーペーパーで、特に今年発売されたスケジュール帳の名画座手帳」は都内各所にある名画座にまつわるエトセトラと詰め込んだ名画座初心者の私にも至れり尽くせりの一冊です。

しかものむみち女史からは必見映画のタイトルも数本いただけて、いやあ、今から見るのが楽しみで楽しみで仕方ありません。

こんな風に方々で自慢していたら、一冊ほしいかもという話を相手方からひっぱりだせたので、善は急げとばかり渡す用に二冊目の名画座手帳をそっと購入です。

 

もちろん古書店内も充実の一言で演劇、映画、文学、カルチャー、コミックス多数。またポストカードや紙モノ、雑貨モノも、カワイイお手頃価格ぞろい。平台のある本棚には2冊ほど展示掛け本できるギミックがついていて、欲しくなります。あれ、手作りかしら。

 

店内の様子はこちらのサイトにも詳しいです→

本屋探訪記vol.62:池袋にある「古書 往来座」は古本屋でもなれた街の本屋さんである | BOOKSHOP LOVER

 

次回来店できたときは、気になったまま聞けず仕舞いだった、有村架純の「潮騒のメモリー」サイン色紙の経路とかそのあたりも次回はちょっと聞きたいところ(笑)もちろん手帳にはまた名画座の感想を書き込んでいこうっと。

f:id:sparkjoy:20160509024302j:plain