読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小野寺ひかりのブログ

合言葉はspark joy!=ときめく時間を楽しんでいきたいです。

【ホンシェルジュ】申年だけに今年こそ読みたい『西遊記』特集!

ホンシェルジュの記事が公開されました。

夕方のワイドショーで真っ赤なお尻のおサルさんにあやかって赤いパンツを履くと健康にいいと聞きました。12年の1度の勝負時に下着業界も力をいれているとか。今回は干支にまつわるエトセトラ。『西遊記』シリーズを取り上げています。

テレビやドラマでだいたいのあらすじは知っているいるけれど、はて、本編は読んだことがない。というわけで新年の抱負のひとつにしようと、わたしも12年に1度のタイミングに乗っかりました。

honcierge.jp

取り上げたのは『なぜ孫悟空のあたまには輪っかがあるのか?』(岩波ジュニア新書)、『最遊記』(一迅社)、『わが西遊記悟浄出世と悟浄歎異 )』(岩波書店)、『SOSの猿』(中央公論新社)、『西遊記』(岩波書店)の五冊です。

まずは岩波の『西遊記』だろうと1巻を手にしているところなんですが、それでも斉藤 洋版、平岩弓枝などなど読んでいない本ほど頭に浮かびます。まだまだ1年始まったばかりですが年末までに読み比べできるかな。

一度は読んでもらいたいの中島敦『わが西遊記』は青空文庫でもぜひ。昭和二十二年、初版の体裁が可愛いことをメモ。赤い背景にグリーンの線で孫悟空と思わしき人物が描かれてます。書影→中島 敦(なかじま あつし) - さいたま文学館

伊坂幸太郎『SOSの猿』は漫画家五十嵐大介『SARU』との競作でしたね。

SARU 上・下セット (IKKI COMIX)

SARU 上・下セット (IKKI COMIX)

 

対談記事にも『西遊記』本が登場していました。

伊坂「『西遊記』は子供向けしか知らなかった。それで岩波文庫版を買って読んだら面白くて、それにしても、鳥山明さんの『ドラゴンボール』とか、寺田克也さんの『大猿王』とか、諸星大二郎さんの『西遊妖猿伝』とか、マンガ家さんが、『孫悟空』とか『西遊記』を描いている作品って多いですよね。」対談 伊坂幸太郎x五十嵐大介|SOSの猿|中央公論新社 

ドラゴンボール』!忘れてた、やっぱり『西遊記』本で年末にリベンジしたいかも。 

最後にトップの画像は浮世絵『月姿百』シリーズより『玉兎 孫悟空』の題。月の妖魔(ウサギ)VS孫悟空の図です。作者は月岡芳年昨年みた展覧会から「血まみれ芳年」の異名を知って、その生ぐささに興味をそそられています。

忘備録代わりに一冊メモ。

 

原稿を書きながらやっぱり聞いたのがゴダイゴの「モンキーマジック」でした。

 

オマケの話 映画と『西遊記

モンキー・キング 西遊記 完全版 [DVD]

モンキー・キング 西遊記 完全版 [DVD]

 

こんな映画もありました。

西遊記?はじまりのはじまり? [DVD]

西遊記?はじまりのはじまり? [DVD]

 

 

モンキー・マジック 孫悟空誕生 スペシャル・エディション [Blu-ray]

モンキー・マジック 孫悟空誕生 スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

さすが申年。見たいという気持ちがわいてくるような。