小野寺ひかりのブログ

合言葉はspark joy!=ときめく時間を楽しんでいきたいです。

答えがないからこそ続けられる

春の陽気にふさわしく昨年の猛暑から滞ってしまった荒れた庭の片付けをとりおこなう。枯葉、枯れ枝30Lひと袋につめるとどうにもすっきりしてしまった。

f:id:sparkjoy:20190320231749j:image

池袋から品川、品川からの阿佐ヶ谷と移動を重ね、夜を過ごす。

品川エキュート内の本屋、paper wall は久しぶりの観測となったが相変わらずの美しい佇まいであった。

この書店の持つ魅力はつくりつけの本棚にあることは違いないのだが、並ぶ背表紙に目移りしているうちにどこに本棚がつながっているかがどうでもよくなってしまう。現地にいれば全容を把握したつもりになるが、ふとその棚を思い浮かべるとどう建てつけてあったか空間がねじれエッシャーの図のようになってしまうのだ。

「答えがないからこそ続けられる」は今の自分になにかしらの示唆をあたえるもので頭の中でフレーズを繰り返している。未来はいかようにも変容していくだろう。

f:id:sparkjoy:20190321000331j:image

答えはない。

わたしの人生にも答えはないんだな。

20190319 春先の寄せ植え

普段何しているのかな、と尋ねられ、それなりに東京を割歩しているなと思ったが仕事とも趣味ともいえず、とりとめもなくブログを書く。

machi-library.org

 

江戸っ子風情を気取る日課の朝風呂をこなし、半年ぶりのまちライブラリー@ウエリス東村山へ向かう。最寄り駅は西武新宿線小川駅」。そこから徒歩15分と昔ながらの商店街を抜けマンションが立ち並ぶ住宅エリアをすすむ。

まちライブラリーは「本」で「人」をつなぐ活動で、全国に600か所以上がオープンしている。昨年5月から手伝いをしており、拠点のひとつであるライブラリー@町田中町では一周年目前にして蔵書数2,000冊を越えた。本はすべて寄贈によるものなので、地域の人々による特色が大きくでているようだ。

なにぶんスタッフ同士の顔を合わせる機会が少ないこともあり、本日スタッフのKさんとはほぼ初対面。所用はちゃっちゃと終え、あれこれと話が弾む。施設に立ち寄る人びとの「話す」ハードルは低く、先週開催されたというイベントの寄せ植えプランターをみてご近所さん同士の立ち話の雰囲気も生まれていた。

昨日今日で五分五分で想定していた予定が2つともなくなってしまい、春以降の楽しみを探しているところだったわたしにはいい刺激にはなったともいえるかもしれない。……しかしまだ薄ぼんやりとしているけれども。

どこかにあるのだ。やるべきことが、と春の陽気にため息をひとつ。

その後、予約していた図書館で『ロリータ』をゲットする。これは現在公開中の映画『ブックショップ』をきっかけに読もうと思った本で、作中にキーとして登場している。先に読み終えた『華氏451度』の面白さをどう語ろうか、なんと難しいことだろう。AmazonprimeでHBO制作の映画『華氏451度』は、主人公を黒人に据えていた。それはそれでよいのだけど、作品の未来に時代が追いついてしまった感じがして、(結末への展開にも首をかしげるが)どうにも中だるみの印象がつよかった。

2018-10-6 NovelJam 2018秋 選考会

NovelJam2018秋の応募が昨日23:59で締め切られた。11月3連休といえばそうでなくとも、イベントが重なることもあり応募総数の推移にドギマギしていたが間際の応募が多数あり、(若干の調整の必要性を残しつつも!)、第3回NovelJam参加者がほぼ決定した

前回まで「著者」「編集者」の参加者の立場であったにもかかわらず、2、3週間前には部会長の任を賜り(!)、このような選考を立ち会うことも不思議な話だとは思うが考えすぎては深みにはまり抜け出せなくなるため、行動あるのみと言い聞かせ本日にいたる。クラウドファンディングも、残り50日間を残しての達成、ありがとうございました。

f:id:sparkjoy:20181006184541j:plain

さて、「どうして受かったかわからない」という過去参加者のコメントをよくよく耳にしており、私自身もそういう立場で気になっていたが、実際に現場をみて言えるのは、どの応募者にも受かる可能性があり、どの応募者にも落ちる可能性があったということ。

過去参加経験からこのNovelJamは、誰にとってもなにかの「チャンス」であることは間違いないので、会場で共にするみなさんには、きっと「なんで来てしまったんだろう……」と連日連夜の後悔がおそってくるかもしれないけれど、この機会を存分に生かしてもらえたらなあ、と思う。NovelJam最優秀賞は新城カズマ先生の受賞のみなので、ここでどのような作家が並ぶのか、とか。審査員賞総なめ、とか。グランプリで大逆転、とか。ケイクスに掲載される作品が、とか。売れるだけじゃないよね、とか。ファンがついてどころじゃない騒ぎになっちゃうとか。

しかし、あんまり偉そうなことはいえないのでわたしはそれを徹底的にサポートしていくぞー!と改めて11月本番に向けて、気合も入れ直し。

混線模様だった「著者」枠、16席”しかない”、という状況をどうとらえるかは、今後の課題にしたい。第3回NovelJamでどのような作品が書かれるのか、どのような人物たちがセッションするのか、現時点では詳細な年齢も性別もわかっていないけれども、選考から外れてしまった人にもまた別の「チャンス」があって、どこでなにかを実現するだろうけど、できればNovelJam周辺でお会いしたい。