小野寺ひかりのブログ

合言葉はspark joy!=ときめく時間を楽しんでいきたいです。

2018-10-6 NovelJam 2018秋 選考会

NovelJam2018秋の応募が昨日23:59で締め切られた。11月3連休といえばそうでなくとも、イベントが重なることもあり応募総数の推移にドギマギしていたが間際の応募が多数あり、(若干の調整の必要性を残しつつも!)、第3回NovelJam参加者がほぼ決定した

前回まで「著者」「編集者」の参加者の立場であったにもかかわらず、2、3週間前には部会長の任を賜り(!)、このような選考を立ち会うことも不思議な話だとは思うが考えすぎては深みにはまり抜け出せなくなるため、行動あるのみと言い聞かせ本日にいたる。クラウドファンディングも、残り50日間を残しての達成、ありがとうございました。

f:id:sparkjoy:20181006184541j:plain

さて、「どうして受かったかわからない」という過去参加者のコメントをよくよく耳にしており、私自身もそういう立場で気になっていたが、実際に現場をみて言えるのは、どの応募者にも受かる可能性があり、どの応募者にも落ちる可能性があったということ。

過去参加経験からこのNovelJamは、誰にとってもなにかの「チャンス」であることは間違いないので、会場で共にするみなさんには、きっと「なんで来てしまったんだろう……」と連日連夜の後悔がおそってくるかもしれないけれど、この機会を存分に生かしてもらえたらなあ、と思う。NovelJam最優秀賞は新城カズマ先生の受賞のみなので、ここでどのような作家が並ぶのか、とか。審査員賞総なめ、とか。グランプリで大逆転、とか。ケイクスに掲載される作品が、とか。売れるだけじゃないよね、とか。ファンがついてどころじゃない騒ぎになっちゃうとか。

しかし、あんまり偉そうなことはいえないのでわたしはそれを徹底的にサポートしていくぞー!と改めて11月本番に向けて、気合も入れ直し。

混線模様だった「著者」枠、16席”しかない”、という状況をどうとらえるかは、今後の課題にしたい。第3回NovelJamでどのような作品が書かれるのか、どのような人物たちがセッションするのか、現時点では詳細な年齢も性別もわかっていないけれども、選考から外れてしまった人にもまた別の「チャンス」があって、どこでなにかを実現するだろうけど、できればNovelJam周辺でお会いしたい。

2018-9-28 ナイトライター ベテランライターになんでも聞かナイト#01 納富廉邦vs古田靖の巻

主催者、波野さんのご縁で、『ナイトライター0926 ベテランライターになんでも聞かナイト#01 納富廉邦vs古田靖の巻』というイベントに参加した。
神保町にいたのにイベントを新小岩と勘違いして、ふたたび神保町に戻ったため15分の遅刻となってしまった。まったくもう。
会場に入るとほぼ満席で食べながら、飲みながら、深く浅く広く、狭く、縦横無尽にトークが展開された。納富さん、古田さんの共通点でもあるマルチな活躍にはじまり、朝型夜型の生活スタイルまで、なかなか具体的に聞けないことが、数字だったりトークだったり事例だったりで飛び出すわでおどろいたーー。
個人でも6月からフリーランスの身になったいま、「30分書いて、2時間休む」といった仕事への取り組み方もとても共感・納得できたのも収穫となった。
古田さんからNovelJamのキーワードもいただき、ありがたや~。むしろ、記憶いただいていたこともはっとした。
f:id:sparkjoy:20181006195249j:image
帰るころにはゲリラ豪雨に。ここぞとばかりに「マツコの知らない世界に」にも出演された納富さんに、どうしても聞きたかった(けどわざわざ聞くのも気が引ける)”マツコさんのサイズ感”(!)をうかがうこともでき(「大きい」とのこと。)
一日、無計画な動きをしてしまったこともあったがじつにたのしい時間だった。

2018-9-26 秋雨

まちライブラリー町田中町から、hon.jpのイベントに移動したところFacebookページの会場に誤りがあったようで、神保町でちょっと呆然としている。秋雨か。久しぶりに神保町の細かい道を歩いていたら、まだまだ敷居の高くて入りにくい古本屋さんがあるんだなと古本道は深きなりけり。休業だと思っていた喫茶エリカも、灯りがついていて、入口できょろきょろしてしまった。じつはまだ入ったことがない。

f:id:sparkjoy:20181006195202j:image